メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権

三塁打も反省 大和高田ク・山本柊

【大和高田ク-新日鉄住金広畑】六回表大和高田ク1死一塁、山本柊が適時三塁打を放つ(捕手・福井圭)=京セラドーム大阪で2018年11月9日、幾島健太郎撮影

〇新日鉄住金広畑4-1大和高田クラブ●(9日・京セラドーム大阪、2回戦)

 大和高田クの唯一の得点を挙げたのは3番・山本柊。2点を追う六回1死一塁、内角寄りの直球を引っ張り、右中間を破る適時三塁打を放った。「併殺が嫌だったので、打つポイントを前に置いたら甘い球が来た」と振り返った。だが、次打者の一ゴロ…

この記事は有料記事です。

残り104文字(全文254文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仕事の現場 声優 野沢雅子さん 業界の先駆者 地位改善運動も
  2. 防府読売マラソン 川内が2年連続4度目の優勝
  3. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  4. ORICON NEWS misonoの夫・Nosukeが闘病公表「精巣がんによる胚細胞腫瘍」
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです