メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
社会人野球日本選手権

三塁打も反省 大和高田ク・山本柊

【大和高田ク-新日鉄住金広畑】六回表大和高田ク1死一塁、山本柊が適時三塁打を放つ(捕手・福井圭)=京セラドーム大阪で2018年11月9日、幾島健太郎撮影

〇新日鉄住金広畑4-1大和高田クラブ●(9日・京セラドーム大阪、2回戦)

 大和高田クの唯一の得点を挙げたのは3番・山本柊。2点を追う六回1死一塁、内角寄りの直球を引っ張り、右中間を破る適時三塁打を放った。「併殺が嫌だったので、打つポイントを前に置いたら甘い球が来た」と振り返った。だが、次打者の一ゴロ…

この記事は有料記事です。

残り104文字(全文254文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

  2. 「ナガシマスパーランド」ジャンボ海水プールに4万5000人 三重・桑名

  3. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. 同乗50代女性に犯人隠避で逮捕状 あおり運転 宮崎容疑者暴行認める

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです