メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権

守りでリズム 新日鉄住金広畑8強

【大和高田ク-新日鉄住金広畑】七回表大和高田ク1死三塁、金井の右邪飛で三塁走者・竹島が本塁を突くもタッチアウト(捕手・福井圭)=京セラドーム大阪で2018年11月9日、幾島健太郎撮影

〇新日鉄住金広畑4-1大和高田クラブ●(9日・京セラドーム大阪、2回戦)

 堅い守りから攻撃へリズムを作る。「広畑カラー」が存分に表れた。

 1点差の七回1死三塁。ファウルゾーンで飛球をキャッチした新日鉄住金広畑の右翼手・椎名の耳に一塁手・田中の「ホーム行ってるぞ」という声が聞こえた。タッチアップで本塁生還を狙った大和高田クの竹島を制球良く刺してアウト。ダブルプレーに仕留め、相手に傾き掛けた流れを完全に断ち切った。

 二回にも右前打で二塁を狙った竹島を好返球でタッチアウトに。大学3年まで投手で、強肩が持ち味。遠投1…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  2. ORICON NEWS 内野聖陽、『きのう何食べた?』細部までいき届いた繊細な演技に絶賛の声
  3. 春の叙勲 令和初、4225人が受章
  4. 大きな虹 福岡の空に
  5. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです