メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権

まさかのスクイズ失敗 新薬・吉野

【新日鉄住金鹿島-日本新薬】九回裏日本新薬1死二、三塁、吉野のバントがフライになる=京セラドーム大阪で2018年11月9日、幾島健太郎撮影

 〇新日鉄住金鹿島2-1日本新薬●(9日・京セラドーム大阪、準々決勝)

 まさかの光景だった。1点を追う九回1死二、三塁。日本新薬の9番・吉野が敢行したスクイズは、投前への小フライになった。相手の右腕・大貫が滑り込みながらグラブに収め、三塁へ送球して併殺になった。吉野は今夏の都市対抗でスクイズを成功さ…

この記事は有料記事です。

残り92文字(全文242文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  3. 米軍燃料流出、131件日本側に知らされず 開示文書では環境への影響「Yes」
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです