メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
社会人野球日本選手権

逆転の一打 新日鉄住金鹿島・堀越

【新日鉄住金鹿島-日本新薬】六回表新日鉄住金鹿島2死一、二塁、堀越が2点二塁打を放つ=京セラドーム大阪で2018年11月9日、山崎一輝撮影

 〇新日鉄住金鹿島2-1日本新薬●(9日・京セラドーム大阪、準々決勝)

 1点を追う六回2死一、二塁。打席の新日鉄住金鹿島の2番・堀越の足は緊張で震えていた。ただ、肝は据わっていた。「迷わず引っ張ろう」。フルカウントからの7球目、高めに浮いた125キロの変化球を思い切って振り抜くと、打球は右翼線に落ちる逆転の2点適時打に。初の4強を手繰り寄せた。

 日本新薬とは今夏の都市対抗の1回戦でも対戦し、11安打9得点で勝っている。だが、その事実が選手を硬…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文573文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  2. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  3. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

  4. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  5. 道具いらず煮干しの解剖 夏休みの自由研究におすすめ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです