メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

日本選手権 第10日 満塁弾、東芝4強

【東芝-新日鉄住金広畑】三回表東芝1死満塁、松本が右越え満塁本塁打を放つ=京セラドーム大阪で2018年11月10日、山崎一輝撮影

 (10日・京セラドーム)

 準々決勝の残り3試合を行い、4強が出そろった。JFE西日本(中国・広島)は今大会3試合連続の零封で前回準優勝の日本生命(近畿・大阪)を破り、初優勝した第31回大会(2004年)以来の準決勝進出。東芝(関東・神奈川)は34大会ぶりの4強を狙った新日鉄住金広畑(近畿・兵庫)を降し、15大会ぶりに準決勝に駒を進めた。三菱重工名古屋(東海・愛知)はホンダ鈴鹿(東海・三重)との東海対決を制し、10大会ぶりの4強入りを決めた。

 ▽第3試合=準々決勝

この記事は有料記事です。

残り1439文字(全文1673文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 木村花さん自宅から遺書 警視庁、自殺図ったとみて捜査 女子プロレスラー急死

  2. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです