メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

日本選手権 最終日 三菱名古屋、延長制す

【三菱重工名古屋-JFE西日本】3番手で登板し、好投した三菱重工名古屋の勝野=山崎一輝撮影

 (12日・京セラドーム)

 決勝があり、延長十三回までもつれた試合は、三菱重工名古屋(東海・愛知)が2-1でJFE西日本(中国・広島)に勝ち、初の頂点に立った。三菱重工名古屋は前々回のヤマハ、前回のトヨタ自動車に続き、東海勢3連覇も果たした。決勝での延長戦は第36回大会(2009年)以来。今大会の延長戦は7試合で、5試合だった1大会での最多試合数をさらに更新した。

この記事は有料記事です。

残り1569文字(全文1752文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです