メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

日本選手権 最終日・決勝 三菱重名古屋、つないでV

第44回社会人野球日本選手権 戦いの跡

 (12日・京セラドーム大阪)

 決勝があり、延長十三回までもつれた試合は、三菱重工名古屋(東海・愛知)が2-1でJFE西日本(中国・広島)に勝ち、初の頂点に立った。三菱重工名古屋は前々回のヤマハ、前回のトヨタ自動車に続き、東海勢3連覇も果たした。決勝での延長戦は第36回大会(2009年)以来。今大会の延長戦は7試合で、5試合だった1大会での最多試合数をさらに更新した。最高殊勲選手賞(MVP)には勝野昌慶投手(三菱重工名古屋)、敢闘賞には河野竜生投手(JFE西日本)が選ばれた。

この記事は有料記事です。

残り2241文字(全文2482文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  2. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  3. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  4. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ
  5. 元首相秘書官の異様な言い分 安倍首相「知らない」中、「個人の判断」で働きかけたと主張

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです