メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権

「仮想完投」で底上げ 三菱名古屋

【三菱重工名古屋-JFE西日本】初優勝し、マウンド上で喜び合う三菱重工名古屋の選手たち=京セラドーム大阪で2018年11月12日、川平愛撮影

 〇三菱重工名古屋2-1JFE西日本●(12日・京セラドーム大阪、決勝)

 中堅手のグラブに打球が収まる前から、三菱重工名古屋の選手たちはベンチから飛び出していた。歓喜の輪の中心にいたのは、4番手でマウンドにいた萩原。「相手のことは考えなかった。気持ちで負けないことだけ考えた」。今大会初登板の26歳がこう言いきることが、このチームの投手力の高さを物語っている。

 延長戦の末の勝利を演出したのは、見事にはまった継投策。とりわけ3番手右腕・勝野が際立った。

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文631文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  2. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  3. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ
  4. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  5. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです