メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権

最高殊勲選手は勝野

【三菱重工名古屋-JFE西日本】八回1死から登板した三菱重工名古屋の勝野=京セラドーム大阪で2018年11月12日、山崎一輝撮影

 社会人野球の単独チーム日本一を決める第44回日本選手権大会は最終日の12日、大阪市の京セラドーム大阪で決勝があり、三菱重工名古屋(東海・愛知)が9回目の出場で初優勝を飾った。

最高殊勲選手賞

 勝野昌慶(三菱重工名古屋)=初 準決勝の東芝戦では直球主体の投球で6安打完封。3試合に登板し、1失点と好投した。岐阜・土岐商高出身。21歳。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ
  4. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  5. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです