メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権

「上から目線」なし JFE西日本

ベンチで他の選手とコミニュケーションをとるJFE西日本の橋本拓也主将(左から2人目)=京セラドーム大阪で2018年11月12日、山崎一輝撮影

 第44回社会人野球日本選手権大会で12日、2004年以来13大会ぶりに決勝に臨んだJFE西日本(中国・広島)。昨季にベテランを中心に8人が退部し、チームの主戦力となったのは新人や2年目の河野竜生投手(20)ら若手たちだ。2回目の優勝は果たせなかったものの、「楽しんで野球を」という山下敬之監督(43)の方針と専門家によるメンタルトレーニングが、全国の舞台が初めてという選手の活躍を後押しした。

 選手層が一変した今季、山下監督は若手の長所を引き出そうと、「のびのびと野球をしてもらう」というスタ…

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文715文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです