メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
社会人野球

日本選手権 総括 三菱名古屋が初V 光った勝負強さ

 第44回社会人野球日本選手権は三菱重工名古屋(東海・愛知)の初優勝で12日に閉幕した。総本塁打数は前回大会より4本少なく、チーム打率が3割を超えたチームはゼロ。全チームの平均打率は3大会連続で2割2分台で、「投高打低」の傾向は今回も続いた。

 31試合中16試合が2点差以内と接戦が多く、延長戦は決勝を含む7試合で、従来5試合だった1大会最多延長試合数を更新した。タイブレークも5試合あり、第37回(2010年)の4試合を上回って最多。各チームの力が伯仲して…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文574文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  2. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  3. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

  4. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  5. 道具いらず煮干しの解剖 夏休みの自由研究におすすめ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです