メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権

三菱重名古屋初V 光った勝負強さ

初優勝し、マウンド上で喜び合う三菱重工名古屋の選手たち=京セラドーム大阪で2018年11月12日、幾島健太郎撮影

 第44回社会人野球日本選手権は三菱重工名古屋(東海・愛知)の初優勝で12日に閉幕した。総本塁打数は前回大会より4本少なく、チーム打率が3割を超えたチームはゼロ。全チームの平均打率は3大会連続で2割2分台で、「投高打低」の傾向は今回も続いた。

 31試合中16試合が2点差以内と接戦が多く、延長戦は決勝を含む7試合で、従来5試合だった1大会最多延長試合数を更新した。タイブレークも5試合あり、第37回(2010年)の4試合を上回って最多。各チームの力が伯仲していた。

 三菱重工名古屋は勝負強かった。チーム打率は2割2分4厘で、32チーム制が定着した第34回(07年)…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 木更津2女児死傷事故 周辺に悲しみ広がる「おしゃべり好きで明るい子だった」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです