メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権

三菱重名古屋初V 光った勝負強さ

初優勝し、マウンド上で喜び合う三菱重工名古屋の選手たち=京セラドーム大阪で2018年11月12日、幾島健太郎撮影

 第44回社会人野球日本選手権は三菱重工名古屋(東海・愛知)の初優勝で12日に閉幕した。総本塁打数は前回大会より4本少なく、チーム打率が3割を超えたチームはゼロ。全チームの平均打率は3大会連続で2割2分台で、「投高打低」の傾向は今回も続いた。

 31試合中16試合が2点差以内と接戦が多く、延長戦は決勝を含む7試合で、従来5試合だった1大会最多延長試合数を更新した。タイブレークも5試合あり、第37回(2010年)の4試合を上回って最多。各チームの力が伯仲していた。

 三菱重工名古屋は勝負強かった。チーム打率は2割2分4厘で、32チーム制が定着した第34回(07年)以降の優勝チームでは最低だったが、好機を着実に生かした。投手陣も2勝した右腕・勝野を軸に粘り強く、5試合で7失点と踏ん張った。

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文627文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  4. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

  5. 三浦半島や横浜で相次ぐ異臭騒ぎ、発生源は? 深まる謎

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです