メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

かずさマジック

選手ら32人、野球で児童と交流 君津・八重原小 /千葉

 「ナイスバッティング」「声を出していこう」--。社会人野球の新日鉄住金かずさマジックの選手ら32人が13日、君津市立八重原小学校を訪れ、1~3年生49人に野球を教えた。

 この日、選手たちは、県教育庁推進の「企業と連携した」のモデル教室を開く同小を訪れた。かずさマジックは昨年5月に県内の企業スポーツチームで唯一、子供応援事業の参加を決めている。

 最初にウオーミングアップのため、選手と児童は一緒に鬼ごっこをした。選手たちはティーの上に載せたボー…

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文542文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川
  2. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  5. 認知症 行方不明の妻を捜して 「なぜ1人で行かせたのか」後悔の念やまず

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです