メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

県ベストナインを表彰 カナフレックスから6人 /滋賀

指名打者としてベストナインに選出されたカナフレックスの北川倫太郎選手(右)=滋賀県草津市西大路町のホテルボストンプラザ草津で、野健一撮影

 県野球連盟などが選ぶ今年の県社会人野球のベストナインの表彰式が24日、草津市内であった。指名打者と新人賞を含めた11人のうち、今秋の社会人野球日本選手権に3年ぶり2回目の出場を果たしたカナフレックス(東近江市)から、最多6人が選出された。

 3回目の受賞となったカナフレックスの北條貴之主将(27)は「野球を通じて、もっと滋賀を盛り上げていきたい。長打力を更に磨き、来年の都市対抗出場を目指す」と抱負を語った。初受賞のカナフレック…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文538文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 日本国内の感染者、4週間で27万人超に 米グーグルのAIが大幅増を予測

  3. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. メルケル首相がトランプ米大統領を擁護? 発言録をドイツ文学者が読み解く

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです