メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神矢野監督 最下位から巻き返し図る 毎日新聞大阪本社来訪

新年のあいさつのため毎日新聞大阪本社を訪れた阪神タイガースの矢野燿大監督=大阪市北区で2019年1月9日午前11時38分、猪飼健史撮影

 今季から指揮を執る阪神の矢野燿大(あきひろ)監督が9日、新年あいさつのため、揚塩健治・球団社長らとともに大阪市北区の毎日新聞大阪本社を訪れた。斉藤善也・大阪本社代表らと会談し、昨季のリーグ最下位から巻き返しを図るチームについて語った。

     矢野監督は昨年の都市対抗野球で大阪ガスの優勝に貢献し、橋戸賞(最優秀選手賞)にも輝いたドラフト1位の近本について「期待している。スピードがあり、見ている人も面白い」と述べ、「近本が入って外野の競争も激しくなる。早くキャンプインしたい」と若手の成長を楽しみにしていた。

     矢野監督は最下位の責任をとって辞任した金本知憲前監督の後を受けて就任。昨年2軍監督としてファーム日本一に導いた手腕で、2005年以来のリーグ優勝を目指す。【村社拓信】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. パワハラで課長を停職3カ月 被害の部下3カ月休職 埼玉・嵐山町
    2. コンビニで成人誌取り扱い中止 8月末からセブン、ローソンで
    3. 小室圭さん、母の元婚約者男性との「金銭問題は解決済み」と公表へ
    4. 北海道のベトナム人実習生21人解雇の恐れ 愛知の青果卸売会社
    5. 新宿・歌舞伎町のビルで発砲 男性が死亡 容疑者は逃走

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです