メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球の現在地

都市対抗野球90回 第1部・新興チーム/上 北海道ガス(北海道) 事業拡大、一体感求め

2018年4月の創部式で、新品のユニホームに身を包んだ選手たちと並ぶ北海道ガスの大槻博社長(右端)と硬式野球部の小島啓民監督(左端)=竹内幹撮影

社会人野球の現在地(いま)

 昨年12月に札幌市厚別区に完成した北海道ガスの室内練習場。真新しいトレーニングルームでは野手が筋力アップに励み、投手陣は走り込みに精を出す。初代主将を務める捕手の東海林寛大(22)は「この1年は手探りだったけど、それなりのチームになったと思う」と汗を拭った。

 1911(明治44)年に設立され、札幌、小樽、函館、千歳、北見の5地区でガスを供給してきた北海道ガスが昨年4月に野球部を発足させた背景には、電力小売り自由化を受けて2016年に電力事業に参入したことがある。従来のガス供給エリアだけでなく北海道全域での事業展開が可能になり、土谷浩昭・常務執行役員は「なじみがなかった地域のお客様との距離感を縮めるためにも、地域貢献活動に一層の力を入れ、社員の一体感を強める必要があった」と説明する。

 74年に白老町・大昭和製紙北海道が都市対抗を制したのをはじめ、かつては活況だった北海道の社会人野球…

この記事は有料記事です。

残り746文字(全文1155文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジワラさん「入国時、約2時間入管で足止め」 辺野古移設でサイト署名呼びかけ人
  2. 社説 ホンダの英国撤退 最後の警報が鳴っている
  3. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  4. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  5. WEB CARTOP 明らかに健康に悪そう! いまだに地方で黒煙を上げる大型ディーゼル車が走っているワケ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです