メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球の現在地

都市対抗野球90回 第1部・新興チーム/中 山岸ロジスターズ(静岡) 若き人材、幹部候補に

仕事の合間に素振りをする主将の高橋慎弥=静岡県島田市で2018年12月20日、真下信幸撮影

社会人野球の現在地(いま)

 静岡県島田市を拠点とするクラブチーム「山岸ロジスターズ」の設立目的はいっぷう変わっている。「若い人材の確保のため」。母体企業、山岸運送のホームページには、そう記されている。

 社会人野球の企業チームは設立目的や存在意義に「会社のPR」や「社内の一体感の醸成」を挙げる場合が多い。飲料のトラック配送を主な事業とする同社は、運送業界の深刻な人材不足を解消しようと、野球部を設立したのだ。

 2017年の総務省の統計では、道路貨物運送業の全就業者の割合は、全産業の平均と比べて10、20代が…

この記事は有料記事です。

残り658文字(全文912文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  3. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  4. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  5. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです