メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊アマ野球

社会人野球・監督考 9割は選手の自主性 JR東海監督・久保恭久氏

JR東海監督・久保恭久氏

 --就任1年目の昨季は都市対抗で8強入りした。

 ◆都市対抗に一昨年まで2年間出場できていなかった事実からすると、選手はよく頑張ってくれた。就任してすぐにコーチに選手を1人ずつ面接してもらい、隣で聞かせてもらった。コーチが日ごろからアドバイスしていることや選手が取り組んでいることを聞いて、どんなタイプの選手なのか、ある程度、判断できる。個人が把握できないと打順もつながってこない。すべてが学びで、自分もそこから教えてもらえる。

 --選手から自主性という言葉が聞かれるようになった。

この記事は有料記事です。

残り845文字(全文1086文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです