メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊アマ野球

社会人野球・監督考 9割は選手の自主性 JR東海監督・久保恭久氏

JR東海監督・久保恭久氏

 --就任1年目の昨季は都市対抗で8強入りした。

 ◆都市対抗に一昨年まで2年間出場できていなかった事実からすると、選手はよく頑張ってくれた。就任してすぐにコーチに選手を1人ずつ面接してもらい、隣で聞かせてもらった。コーチが日ごろからアドバイスしていることや選手が取り組んでいることを聞いて、どんなタイプの選手なのか、ある程度、判断できる。個人が把握できないと打順もつながってこない。すべてが学びで、自分もそこから教えてもらえる。

 --選手から自主性という言葉が聞かれるようになった。

この記事は有料記事です。

残り845文字(全文1086文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  3. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  4. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌
  5. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです