メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

JABA東京スポニチ大会 日本新薬、準決勝進出

 第2日は12日、神宮球場などでリーグ戦8試合を行った。日本新薬はNTT東日本を降し、2連勝とし、1試合を残してB組1位が確定、準決勝進出を決めた。東芝、三菱日立パワーシステムズは共に2連勝。NTT西日本は延長タイブレークの末、ホンダを破った。東海理化はエース立野が13三振を奪って、2失点完投勝ち。

辻本攻守に活躍

 ○…NTT西日本の新人捕手・辻本が攻守の活躍で、チームを今季公式戦初勝利に導いた。1点を追うタイブレークの延長十回は1死一、二塁。前の2打席を好機で三振していた辻本は「何とか取り返したかった」と気持ちを高めた。2球目の外角直球を逆らわずにはじき返すと、打球は左翼線に抜け、同点の適時二塁打。守っては五回に二盗を阻止した。リード面でも計6投手を引っ張った。

この記事は有料記事です。

残り752文字(全文1087文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 見る探る 東京駅で出会ったナミビア人についていったら 台風、被災地、そして「歴史的試合」は

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです