メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

JABA東京スポニチ大会 日本新薬、3年ぶりV

【東芝-日本新薬】吹石監督(中央)を胴上げして優勝を喜ぶ日本新薬の選手たち=藤井達也撮影

 社会人野球の第74回JABA東京スポニチ大会は最終日の15日、神宮球場で準決勝と決勝を行い、日本新薬が3年ぶり2回目の優勝を果たし、今秋の日本選手権(京セラドーム大阪)の出場権を獲得した。表彰選手は次の通り。

 最高殊勲選手賞=榎田宏樹投手(日本新薬)▽敢闘賞=岡野祐一郎投手(東芝)▽首位打者賞=金子聖史内野手(東芝、11打数5安打、打率4割5分5厘)▽打撃賞=中稔真外野手(日本新薬)▽新人賞=福永裕基内野手(日本新薬)、阿部博光投手(スバル)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  2. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  3. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  4. クマの出没、山口県内で相次ぐ 過疎化で生息域管理難航、進出域拡大
  5. ORICON NEWS 岡田准一『白い巨塔』最終話15.2%の高視聴率で幕 5話平均は13.3%

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです