メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊都市対抗

社会人野球・監督考 NTT西日本・大原周作氏(45)

 --就任4年目。チーム作りの状況は。

 ◆1年目は今年ともに33歳を迎えるエースの吉元一彦やコーチ兼内野手の梅津正隆は脂が乗り切っていた。彼らに衰えが出てくる中で、勝利と育成がうまく両立できなかった。そこで昨年から思い切って選手を入れ替えた。今年は新人6人が加わり、選手29人中17人が3年目以下。空いた場所を取るのでは長続きしないので、若手には「吉元、梅津が元気なうちに追い越してくれ」と言っている。

 --特に捕手は最年長が大学出2年目。新人2人が加わり、若手3人が正捕手を争う。

この記事は有料記事です。

残り567文字(全文808文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  2. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  3. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  4. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  5. 「かっこよかった」「生き方教わった」最高齢ライオン・ナイル 死の前々日まで咆哮 京都市動物園

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです