メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊都市対抗

記録で振り返る 第28回大会 史上初の完全試合 二瀬町・日鉄二瀬投手 村上峻介さん(89)

 1927(昭和2)年に大会が産声を上げて90年あまり。長い歴史の中で2度しか記録されていない完全試合。初めて達成したのは、57(昭和32)年の第28回大会に出場した福岡県二瀬町(現飯塚市)・日鉄二瀬の下手投げ右腕・村上峻介さんだった。

 1回戦の高砂市・鐘化カネカロン戦。強い追い風で球が伸びることを利用してほぼ直球一本で勝負すると、地をはうようなフォームから浮き上がる球を、相手打線はことごとく打ち上げた。「七回ごろから完全試合を意識し…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文548文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです