メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊都市対抗

記録で振り返る 第28回大会 史上初の完全試合 二瀬町・日鉄二瀬投手 村上峻介さん(89)

代役の気楽さ、快挙要因

 1927(昭和2)年に大会が産声を上げて90年あまり。長い歴史の中で2度しか記録されていない完全試合。初めて達成したのは、57(昭和32)年の第28回大会に出場した福岡県二瀬町(現飯塚市)・日鉄二瀬の下手投げ右腕・村上峻介さんだった。

 1回戦の高砂市・鐘化カネカロン戦。強い追い風で球が伸びることを利用してほぼ直球一本で勝負すると、地をはうようなフォームから浮き上がる球を、相手打線はことごとく打ち上げた。「七回ご…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  3. 防犯チラシを西宮署が回収 「女性に責任あるような表現だ」と苦情寄せられ
  4. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです