メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

シティライト岡山12年 全国大会へ勝負の年 一球大事に、意識改革 /岡山

練習試合の後、桐山拓也監督(右)の話を聞くシティライト岡山の選手ら。左から手前2人目が丸山高明主将=高知市で、辻中祐子撮影

 社会人野球のシティライト岡山(岡山市)は今季、12年目のシーズンを迎える。創部以降、着実に力をつけ、代表決定戦に11回も駒を進めながらも、まだ全国大会の出場を果たしていない。今季は主将も交代し、悲願達成へ向けて勝負の年となる。【辻中祐子】

 中古車販売会社のシティライトが社会人野球チームを誕生させたのは2007年秋。08年から公式戦に出場し、夏の都市対抗、秋の日本選手権という社会人の2大全国大会への出場を目指してきた。12年に初めて、日本選手権中国地区予選の代表決定戦に進出。15年に都市対抗の代表決定戦にも駒を進めて以降は毎年、代表決定戦の舞台に立ちながらもあと1勝が遠く、涙をのんできた。

 16年に就任した桐山拓也監督(31)は選手時代に4回、監督で7回とチームのすべての代表決定戦を経験…

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文1004文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです