メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

かずさマジックのコーチ兼マネジャー、沖崎さん勇退 「戦いの舞台に立てる幸せ」後輩に伝え

市民応援団や企業関係者の前で勇退のあいさつをする沖崎さん=千葉県君津市で

 社会人野球の新日鉄住金かずさマジック(現・日本製鉄かずさマジック)=千葉県君津市=でコーチ兼マネジャーとしてチームを支えてきた沖崎健史さん(33)が3月末に勇退した。「野球ができることは当たり前ではない」。地域や会社の代表として戦いの舞台に立てる幸せを選手たちにそう伝えてきた。【円谷美晶】

 新潟県出身。山梨学院大付高(甲府市)から国際武道大(勝浦市)に進み、2008年にかずさマジックに加入した。強肩・強打を生かして外野手として活躍したが、12年2月、練習中に利き腕の右腕を骨折。同年11月、鈴木秀範監督から「来季の戦力とは考えていない」と告げられ、同時にマネジャーを打診された。

 社会人野球のマネジャーは会社や地域との渉外役となるチームの「顔」。予算管理や宿泊先の手配など多忙を…

この記事は有料記事です。

残り802文字(全文1144文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです