メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球の現在地

都市対抗野球90回 第2部・時代とともに/1 東芝(神奈川) 野球部は根強い文化

2010年、第81回都市対抗野球大会で7回目の優勝を決め、マウンドに駆け寄る川崎市・東芝の選手たち=和田大典撮影

 <社会人野球の現在地(いま)>

 社会人野球の都市対抗野球大会は今年で90回の節目を迎える。会社の業績や経済情勢の影響を受けながら、活動を続けてきた企業スポーツ。困難を乗り越えたり、時代とともに変化したりする社会人チームを追った。

   ◇

 OBと思われる観客による東芝の社歌が試合前に響き渡った。平日の3月13日、埼玉・岩槻川通球場で行われたJABA東京スポニチ大会予選リーグでの一コマだ。東芝のスポーツチームを運営するスポーツ推進室の荒木雅己室長(59)は「野球部を応援するのは東芝の根強い文化なのです」と語る。

 1958年創部で川崎市を拠点とし、都市対抗歴代2位の優勝7回を誇る。一方で、東芝のスポーツチームは企業の宿命とも言える、経営問題の波にさらされてきた。長引く不況で90年代後半にサッカー、女子のバレーボール、バスケットボールの各部を手放す。野球部も99年、落合博満元中日監督が所属した東芝府中を統合した。

この記事は有料記事です。

残り600文字(全文1009文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「線引き乱暴」 時短営業しても「協力金」対象外の遊興施設などに不満募る

  2. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです