メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球の現在地

都市対抗野球90回 第2部・時代とともに/2 きらやか銀行(山形) 職場への感謝、忘れず

きらやか銀行が悲願の初出場を果たした第87回都市対抗野球大会。赤に染まった応援席と選手たちが一体となった=東京ドームで2016年7月19日、望月亮一撮影

 <社会人野球の現在地(いま)>

 昨秋就任したきらやか銀行の村上真監督(39)が、初めてのミーティングで口にしたのは厳しい言葉だった。「職場の理解を得て野球ができるのを当たり前と思っていないか」

 前身の山形相互銀行硬式野球部として1952年に創部。殖産銀行と合併した2007年秋に銀行からの支援を打ち切られ、クラブ化された。当時、主将だった村上監督は「誇りを持って取り組んでいただけに、多くの選手がチームを離れた」と振り返る。二十数人いた選手は半分近くに減った。全体練習は休日だけで、平日は終日勤務した後に自主的に体を動かす程度。試合になるとOBに頼み込んで一、三塁のコーチに立ってもらうなど苦労が絶えなかった。

 だが2年後の09年、企業チームとして再スタートを切った。「頭取から『二つの銀行から集まった職員の心…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  5. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです