メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球の現在地

都市対抗野球90回 第2部・時代とともに/4 日本生命(大阪) 西の名門「優勝は使命」

バックネット裏にスタンドのあるグラウンドで練習する日本生命の選手たち

 <社会人野球の現在地(いま)>

 練習試合に来た他チームの選手は一様に目を丸くする。外野が天然芝の両翼100メートルの専用グラウンド。バックネット裏に観戦者用の屋根付きスタンドもある。室内練習場には人工芝を敷いた内野ダイヤモンドに加え、ブルペンが4カ所備えられている。

 大阪府貝塚市にある日本生命の練習拠点「日本生命スタジアム」は、社会人球界屈指の豪華施設だ。先月末まで同社の野球部長を務めた藤原哲哉・本店金融法人部長(51)は「今後も長く野球部を支えていくというメッセージであり、これまで以上の結果が期待されている」と会社の思いを代弁する。

 野球部は大阪府吹田市の専用グラウンドの老朽化に伴い、2016年12月に移転。ユニチカの体育館や工場…

この記事は有料記事です。

残り594文字(全文915文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです