メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JABA長野大会はトヨタが連覇 日本選手権の出場権獲得

【NTT東日本-トヨタ自動車】準決勝と決勝で抑えを務めたトヨタ自動車の佐竹功年投手=長野市の長野オリンピックスタジアムで2019年4月15日、芳賀竜也撮影

 社会人野球の第61回JABA長野大会最終日は15日、長野オリンピックスタジアムで決勝があった。トヨタ自動車がNTT東日本を3―2で降して2年連続3回目の優勝。今秋の日本選手権(京セラドーム大阪)の出場権を獲得した。表彰選手は次の通り。

 最高殊勲選手賞=沓掛祥和内野手(トヨタ自動車)▽敢闘賞=大竹飛鳥投手(NTT東日本)▽首位打者賞=逢沢峻介外野手(トヨタ自動車、15打数7安打、打率4割6分7厘)

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文536文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです