メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

JABA富山大会 伏木海陸がV、3回目 県勢同士の対戦制す /富山

【ロキテクノベースボールクラブ-伏木海陸運送】被安打5で完投勝利を挙げた伏木海陸の宮前遥投手=富山市下飯野の市民球場で、青山郁子撮影

 社会人野球の「富山市長旗争奪第61回JABA富山大会」(日本野球連盟北信越地区連盟主催、JABA県連盟主管、富山市、毎日新聞社など後援)は第3日の21日、富山市下飯野の市民球場アルペンスタジアムで準決勝と決勝を行った。2001年の第44回大会以来の県勢同士の対戦となった決勝は、伏木海陸運送(高岡市)が3-2でロキテクノベースボールクラブ(上市町)に競り勝ち、17大会ぶり3回目の優勝を果たした。

 準決勝は伏木海陸が6-5でバンディッツベースボールクラブ(富山市)に逆転勝ち。ロキテクノBCは5-…

この記事は有料記事です。

残り882文字(全文1131文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  2. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  3. トランプ氏の大相撲観戦 国技館内外でピリピリ 当日券販売は通常の半分に
  4. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
  5. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師にささげる初優勝

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです