メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

ベーブルース杯 サヨナラ勝ち 王子、接戦制す

【スバル-王子】サヨナラの2点本塁打を放ち、力強く拳を握る王子の神鳥(中央)

 2日、岐阜・長良川球場などで開幕し、リーグ戦6試合があった。セガサミーと王子はともにサヨナラで接戦を制し、ジェイプロジェクトは連覇を狙う西濃運輸に逆転勝ち。東邦ガス、ホンダ鈴鹿、日本通運も初戦を勝利で飾った。

 王子はスバルに最大4点のリードを許したが、終盤に粘りを発揮し最後は神鳥の2ランで勝利。入社4年目で公式戦初サヨナラ本塁打の神鳥は「投手が崩れたら野手がカバーするのが王子。全員がつないだ結果」と話す。

 その言葉通り、七回に先頭の横川の三塁打を足がかりに1点を返すと、八回は2四球に敵失も絡んで1点差に。九回1死二塁から神鳥が放った打球は軽々と右翼席に届いた。

この記事は有料記事です。

残り630文字(全文914文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  2. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  3. コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  4. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです