メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西部ガス、日本生命が準決勝へ 社会人野球JABA九州大会

社会人野球JABA九州大会 【JR東日本-宮崎梅田学園】七回表1死一塁、中越え2ランを放ち、チームメートに迎えられる宮崎梅田学園の堤喜昭(右)=北九州市民球場で2019年5月8日午後2時36分、野村和史撮影

 社会人野球の第72回JABA九州大会(日本野球連盟九州地区連盟、毎日新聞社主催)は第4日の8日、北九州市民球場とオーヴィジョンスタジアム下関でリーグ戦の残り6試合を行い、B組の西部ガスとD組の日本生命が2勝目を挙げ、準決勝に進んだ。両組とも3チームが2勝1敗で並んだが、大会規定により、総失点が最も少ないチームが4強入りした。9日は北九州市民球場で午前9時から三菱日立パワーシステムズ―東海理化、日本生命―西部ガスの準決勝を行い、引き続き決勝を実施する。

この記事は有料記事です。

残り483文字(全文711文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  3. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  4. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです