メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球の現在地

都市対抗野球90回 第3部・名選手に聞く/2 佐々木恭介さん

佐々木恭介さん

 <社会人野球の現在地(いま)>

晴れ舞台、監督でもう一度 佐々木恭介さん(69)=姫路市・新日鉄広畑元内野手

 --都市対抗の思い出は。

 ◆姫路市・富士製鉄広畑(現日本製鉄広畑)の新人だった第39回大会(1968年)と第42回大会(71年、当時は新日鉄広畑)の2度優勝できたこと。1年目は捕手で、投手の世話役でベンチ入りしただけだが、橋戸賞獲得の左腕・神部年男さん(元近鉄など)に場内一周でトロフィーを持たせてもらった。重かった。「次はお前が取れよ」と言われ、いつか取れたらと思った。

 --第42回大会では4番打者として2本塁打など19打数11安打8打点。橋戸賞と打撃賞に輝いた。

この記事は有料記事です。

残り834文字(全文1123文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです