メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東芝は安定感増す 三菱日立パワーシステムズは打線に厚み JX-ENEOSも早々に頭角 都市対抗西関東2次予選

西関東(19、20日、27~29日・横浜。代表2=前回は東芝、三菱日立パワーシステムズ)

 JABA四国大会優勝、東京スポニチ大会準優勝と東芝が春先からチームとしてのまとまりを見せている。

 投手陣の軸は3年目・岡野、2年目・宮川の両右腕。岡野は低めへの制球力を磨き、安定感が増した。

 打線は、出塁率の高い小川、佐藤を松本、吉田ら経験豊富な主軸が還すの…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文437文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです