メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

勝負強いミキハウス田中秀、チーム勢いづける 都市対抗近畿2次予選

腰を深く落とし、グリップの位置を下げる独特のフォームで構えるミキハウスの田中秀=京都市のわかさ京都で2019年5月16日、安田光高撮影

 都市対抗近畿2次予選は16日、わかさ京都などで開幕し、廃部から13年ぶりに復活したミキハウスがカナフレックスに七回コールド勝ちし、2回戦に進出した。

 腰を深く落とし、低いグリップ位置から振り出したバットで捉えた打球が勢いよく左前に飛んだ。天理大出身の新人、田中秀がチームを勢いづけた。

 1点先取した直後の一回1死一、二塁。6球目の内角高めの直球を引っ張った。5球目に外角の変化球をファウルで粘ったことで「次は内角」と読み、得意ではないコースをうまくさばいた。

 勝負強さは高知・明徳義塾高時代から折り紙付き。3年春から代打専門で「キャッチボールもしないので、グ…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです