メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本製鉄広畑・飯田 エラーをバットで帳消し 都市対抗近畿2次予選

【日本製鉄広畑-大和高田ク】九回表日本製鉄広畑2死一、三塁、日本製鉄広畑の飯田(左)が同点の中前適時打を放った=兵庫県明石市の明石トーカロ球場で2019年5月16日、石川裕士撮影

 都市対抗近畿2次予選は16日、兵庫・明石トーカロ球場などで開幕し、8年ぶりの出場を目指す日本製鉄広畑は大和高田クに逆転勝ちで2回戦に進んだ。

 守りのミスをバットで帳消しにした。九回までわずか2安打の日本製鉄広畑を救ったのは、六回に失点につながる失策をした5年目の7番・飯田だった。

 0―1で迎えた九回2死一、三塁。大和高田クの2番手右腕・金村の代わりばなを捉えた。1ボール2ストライクからの4球目。「中途半端なスイングはしない」…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文538文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです