メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊都市対抗

社会人野球・監督考 東海理化・奥山博之氏(44)

東海理化監督の奥山博之氏=藤田健志撮影

考えて主体性育む

 --2季目のシーズンに入った。チーム作りで大切にしていることは。

 ◆スローガンを2年連続で「セルフディレクション~『考える』という技術を身につけろ!~」にした。捕手出身なので、細かい野球をやりたかった。

 --具体的には。

 ◆攻撃では一つのアウトと引き換えに、ランナーが進んでいる状況を作り出せと言っている。併殺を避けるため走者が盗塁を仕掛けたら、打者は空振りする援護も必要。野球観を磨くために、昨年は進塁数を競う紅白戦も取り入れた。

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文805文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. NHK森下経営委員長、続投へ かんぽ報道で番組介入疑い 資質疑問視する声も

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです