メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊都市対抗

社会人野球・監督考 東海理化・奥山博之氏(44)

東海理化監督の奥山博之氏=藤田健志撮影

考えて主体性育む

 --2季目のシーズンに入った。チーム作りで大切にしていることは。

 ◆スローガンを2年連続で「セルフディレクション~『考える』という技術を身につけろ!~」にした。捕手出身なので、細かい野球をやりたかった。

 --具体的には。

 ◆攻撃では一つのアウトと引き換えに、ランナーが進んでいる状況を作り出せと言っている。併殺を避けるため走者が盗塁を仕掛けたら、打者は空振りする援護も必要。野球観を磨くために、昨年は進塁数を競う紅白戦も取り入れた。

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文805文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  3. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです