メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊都市対抗

記録で振り返る 第49回大会 1試合17奪三振 東京都・東京ガス投手 松沼博久さん(66)

第49回都市対抗野球大会1回戦、松山市・丸善石油戦で17奪三振を記録した東京都・東京ガスの松沼博久=後楽園球場で1978年8月2日

序盤から圧巻「毎回」も

 下手から投げ込まれる直球は打者の手元で浮き上がり、変化球は落差があった。バットは次々と空を切る。1978年の第49回大会で東京都・東京ガスの松沼博久投手(66)が、松山市・丸善石油との1回戦で17奪三振の新記録(延長戦を除く)を打ち立てた。

 当時入社4年目、25歳の右腕は「スピードがあったし、球の切れも最高だった」と、序盤から圧巻の投球を見せた。一回1死から三回2死まで7者連続三…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文509文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  3. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです