メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第90回都市対抗野球

2次予選 東京 流れ変えた11球

 (2次予選・22日)

 試合の流れを変える渾身(こんしん)の11球だった。八回、NTT東日本の4番手としてマウンドに登ったのは、大黒柱の大竹。見事にピンチを切り抜け、「いい仕事ができた」と満足そうな表情を浮かべた。

 挑戦者精神で攻めてくるゴールドジムクを相手にピリッとしない味方打線。薄氷の1点リードで八回を迎えた。ゴールドジムクの先頭打者に二塁打を浴び、1死二塁の場面で救援。その後、死球と安打で1死満塁になるが、「1点もやらない。三…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文547文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位
  2. あなたの参院選 なぜ8時に当選確実が出るの? テレビ選挙報道の舞台裏
  3. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  4. 東京選挙区、共産現職の吉良氏再選
  5. コトバ解説 「衆議院」と「参議院」の違い

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです