メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

4戦連続2桁安打、熊本ゴールデンラークス快勝 都市対抗九州予選第2代表決定T

【熊本ゴールデンラークス-日本製鉄大分】五回表熊本ゴールデンラークス無死二、三塁、左前適時打を放ちガッツポーズする池浦稔揮=熊本市のリブワーク藤崎台球場で2019年5月29日午前11時13分、黒澤敬太郎撮影

 第90回都市対抗野球九州地区予選(日本野球連盟九州地区連盟、毎日新聞社主催)第5日は29日、熊本市のリブワーク藤崎台球場で第2代表決定トーナメント3回戦2試合があった。

 熊本ゴールデンラークス(熊本・合志市)は日本製鉄大分(大分市)に快勝。宮崎梅田学園(宮崎市)は沖縄電力(沖縄・浦添市)にコールド勝ちした。

 30日は第1代表決定戦のホンダ熊本(熊本・大津町)―JR九州(北九州市)と、第2代表決定トーナメント4回戦1試合、第3代表決定トーナメント1回戦の計3試合がある。

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文557文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  2. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  3. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  4. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

  5. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです