メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR西の佐藤、しぶとく先制打 打線も活発に 都対中国2次予選

【ショウワコーポレーション-JR西日本】四回裏JR西日本無死満塁、佐藤が先制の左前2点適時打を放つ=岡山県倉敷市のマスカットスタジアムで2019年5月31日午後1時15分、安田光高撮影

 ○JR西日本6―0ショウワコーポレーション●

 都市対抗中国2次予選は31日、リーグ戦残り3試合があり、過去2年連続本大会8強のJR西日本はショウワコーポレーションに快勝し、決勝トーナメントに進出した。

 しぶとく三遊間を抜いた。JR西日本の5番・佐藤が先制の左前2点適時打を放った。

 四回無死満塁、2球目の外角の変化球を引っ張った。第1打席では相手左腕・大山の外角変化球に泳がされて投ゴロ。「上体が突っ込みす…

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文511文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. まさかの「車道」でも 沖縄、あまりにも多い「路上寝」 年7000件超、死亡事故も

  3. 東京都、新たに389人の感染確認 5日ぶりに300人超 新型コロナ

  4. ORICON NEWS 関ジャニ∞ 安田章大の写真集発売が決定 脳腫瘍の闘病中の写真も収録「僕に触れてみて」

  5. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです