メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海理化・池田大が好リリーフ 都市対抗野球東海2次予選

第90回都市対抗野球東海2次予選【永和商事ウイング-東海理化】好救援で逆転勝ちに貢献した東海理化の池田大将=岡崎市民球場で2019年6月1日午後0時45分、鈴木英世撮影

 ○東海理化4―3永和商事ウイング●

 第90回都市対抗野球大会の東海2次予選は1日、愛知・岡崎市民球場で第5代表決定トーナメント1回戦があり、東海理化が永和商事ウイングに逆転勝ちした。

 2年目の池田大が好リリーフを見せた。昨年の日本選手権1回戦、室蘭シャークス戦で十二回を投げ抜いてチームを全国大会初勝利に導いた大黒柱・立野が3点を失った四回2死二、三塁で登板。池田大は「与えられた場で仕事をするだけ」と落ち着いて後続を断つと、丁寧にコースをついてゼロを重ねる。好投に打線も応え、負ければ予選敗退となる一戦をものにした。

 拓大出身で、昨年は日本選手権2回戦のJFE西日本戦で先発したが三回途中3失点でKOされた。「まったくチームに貢献できなかった」と今季に向け、制球力を中心に磨いてきた。

 立野の150キロの豪速球といった目立つ武器はないが、奥山監督も「交代に躊躇(ちゅうちょ)はなかった」と信頼を寄せる。池田大は「立野だけではなく、みんなで勝っていきたい」。エースに頼りきりではなく、全員野球で8年ぶりの本大会を目指す。【鈴木英世】

あわせて読みたい

7月13日の試合

話題の記事