メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「長かった」宮崎梅田 うれし涙の第3代表 都市対抗野球九州地区予選

第3代表を勝ち取り喜びを爆発させる宮崎梅田学園ナイン=熊本市のリブワーク藤崎台球場で2019年6月1日午後1時45分、石井尚撮影

 夏を思わせる日差しの下、歓喜の輪が広がった。1日に熊本市で開かれた第90回都市対抗野球九州地区予選の第3代表決定戦で、宮崎梅田学園(宮崎市)が初の本大会出場を決めた。入社10年目で夢の舞台にたどり着いた中武亮主将(31)は「長かった。これをつかみ取るためにやってきた」と、うれし涙をぬぐった。

 中武主将の社会人野球での歩みは、梅田学園野球部の成長の歴史そのものと言ってもいい。

 同社野球部は2006年にクラブチームとして発足。09年に企業チーム登録に変更した翌年に中武主将が入社した。全国での活躍を夢見たが、当時の部員は15人ほど。練習試合でもコールド負けし「『都市対抗』と口にはするけど、手が届かない場所だった」。目標と現実の隔たりが埋められず、入社3~4年目には野球をやめようかと思って福岡の実家に帰ったこともある。

この記事は有料記事です。

残り451文字(全文812文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  2. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

  3. フジテレビ、「テラスハウス」打ち切り 木村花さん急死で

  4. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです