メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

代表切符「13度目の正直」 シティライト岡山、社長が涙 台風被害「心配せんで」

選手たちに囲まれ、目に涙を浮かべるシティライトの丸山明社長=岡山県倉敷市のマスカットスタジアムで2019年6月3日、松室花実撮影

 3日に岡山県倉敷市であった第90回都市対抗野球2次予選中国大会(毎日新聞社など主催)の第2代表決定戦で、シティライト岡山(岡山市)が三菱重工広島(広島市)を破り、創部12年目で本大会初出場を決めた。これまで都市対抗と秋の日本選手権に計12度も王手をかけながら出場権を逃し続けてきたが、「13度目の正直」で東京ドームへの切符をつかみ取った。岡山市のチームの本大会出場は第43回大会(1972年)のクラレ岡山以来47年ぶり。

 岡山県を中心に店舗展開する中古車販売の「シティライト」が2007年秋に野球部を創部。丸山明社長(7…

この記事は有料記事です。

残り723文字(全文984文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  4. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  5. 京アニ火災 新海監督「あまりにも酷すぎる事件です」 米国では寄付募集の動きも

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです