メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ホンダ鈴鹿・滝中 134球投げ抜き中心に カットボールを有効に使いドームへ

【JR東海-ホンダ鈴鹿】完投で第3代表を決めたホンダ鈴鹿の滝中=愛知県岡崎市の岡崎市民球場で2019年6月4日、兵藤公治撮影

 第90回都市対抗野球大会東海地区2次予選(日本野球連盟東海地区連盟、毎日新聞社主催)は4日、愛知県の岡崎市民球場で第3代表決定戦を行い、ホンダ鈴鹿(三重県鈴鹿市)がJR東海(名古屋市)に8―1で勝ち、4年連続24回目の本大会出場を決めた。

 試合終了の瞬間、ホンダ鈴鹿の歓喜の輪がマウンドに広がった。その真ん中は1失点完投の右腕・滝中。「マウンドを守り抜けば中心にいられる」と134球を投げ抜いた。

 完封勝利を挙げた5月31日のトヨタ自動車戦後、丸井監督からこの日の先発を伝えられた。今予選5試合中…

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文737文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです