メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NTT東・大竹、ノーノー達成 大学で投手転向 12年目右腕が魅せた奪三振ショー

【NTT東日本-明治安田生命】東京第2代表決定戦で無安打無得点試合(ノーヒット・ノーラン)を達成した大竹を胴上げするNTT東日本の選手たち=神宮球場で2019年6月4日、吉田航太撮影

 第90回都市対抗野球大会の東京2次予選は4日、神宮球場で第2代表決定戦が行われ、NTT東日本(東京都)が明治安田生命(同)を1―0で破り、4年連続43回目の本大会出場を決めた。NTT東日本の右腕・大竹飛鳥投手(33)が無安打無得点試合(ノーヒット・ノーラン)を達成した。133球を投げ、三振14、内野ゴロ8、内野フライ3、内野ライナー1、外野フライ1、与四球2の内容だった。

この記事は有料記事です。

残り634文字(全文822文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです