メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小島気迫の投球、建部3ラン 投打の柱活躍のきらやか銀行2年ぶりドーム切符

 第90回都市対抗野球大会の東北2次予選は5日、青森県弘前市のはるか夢球場で第2代表決定戦を行い、きらやか銀行(山形市)が日本製紙石巻(石巻市)を8―3で破って2年ぶり3回目の本大会出場を決めた。

 投打の柱が役目をしっかり果たして快勝。きらやか銀行が力強く代表切符をつかんだ。

 4番の建部が一回に先制の左前打、二回は左越え3ランを放って大量リードを呼んだ。

 今季序盤は不調だったが、村上監督から「打てなくても4番で使う」と信頼され、日々バットを振り込んで打…

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文750文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです