メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人を代表する右腕・近藤 監督の発言に奮起 王子17回目の出場決める

 第90回都市対抗野球大会の東海2次予選は6日、愛知・岡崎市民球場で第6代表決定戦を行い、王子(春日井市)が日本製鉄東海REX(東海市)を5―1で破り、2年連続17回目の本大会出場を決めた。

 社会人球界を代表する王子の右腕・近藤が高い制球力を武器に1失点完投し、第6代表の座をつかみとった。

 1点を失った直後の八回1死一、二塁。マウンドに来た稲場監督から「もう1点取られたら代える」と告げられ、「試合終了の瞬間までマウンドにいたい」と奮起した。直球を主体に攻め…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文575文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです