メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本新薬が近畿第4代表に ミキハウスを零封し6年連続36回目 都市対抗予選

【日本新薬-ミキハウス】近畿地区第4代表を決めて喜ぶ日本新薬の選手たち=大阪シティ信用金庫スタジアムで2019年6月8日、猪飼健史撮影

 第90回都市対抗野球大会の近畿2次予選は8日、大阪シティ信用金庫スタジアムで第4代表決定戦があり、日本新薬(京都市)がミキハウス(八尾市)を4―0で降し、6年連続36回目の出場を決めた。

 本大会は記念大会のため例年より4代表多い36チームが出場し、7月13~25日に東京ドームで開かれる。近畿の代表枠は1増の6枠。

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文418文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです