メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「行けと言われたところで行く」 JR東海左腕・喜久川大仕事 初完封

【JR東海-日本製鉄東海REX】完封勝利を挙げたJR東海の喜久川=愛知県岡崎市の岡崎市民球場で2019年6月8日、大西岳彦撮影

 第90回都市対抗野球大会東海地区2次予選(日本野球連盟東海地区連盟、毎日新聞社主催)は最終日の8日、愛知県の岡崎市民球場で第7代表決定戦を行い、JR東海(名古屋市)が日本製鉄東海REX(愛知県東海市)を7―0で破り、2年連続29回目の本大会出場を決めた。

 東海最後の代表を決める大事な試合で、JR東海の左腕・喜久川が大仕事をやってのけた。関東学院大出身の5年目で公式戦初完封。130キロ台後半の直球とスライダーをテンポよく投げ込み、散発4安打に封じた。

 4点リードの五回2死一、三塁の窮地で日本製鉄東海REXの4番・加藤辰を迎える。「丁寧にコースを投げ…

この記事は有料記事です。

残り668文字(全文945文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. ジョーカー 主演ホアキン・フェニックスが語る壮絶減量の裏側 監督に怒りをぶちまけたことも…

  4. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

  5. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです